探偵会社に勤めるサラリーマン探偵は月収●●~●●万円!オーナー探偵は・・・?

映画やドラマ、小説でお馴染みの探偵。男なら一度は憧れる職業だが、実際の仕事や収入でも憧れられるのだろうか??

探偵になるためには、探偵会社や興信所に就職するというのが定番の道筋だ。

そこで働いてノウハウを学んだあとに独立するという例も多い。

なお、探偵に資格は必要ないが、2007年に施行された探偵業法により、必ず届け出て登録しないといけなくなった。

探偵の調査料金だが、探偵2名が調査に当たる場合、1時間当たり1万5,000~2万円が相場だという。

探偵会社によっては、このほかに別途、着手金や経費、そして報告書作成の手数料などを請求する。

依頼主からすると、高い出費になってしまうが、探偵の収入はそれで成り立っている。

探偵会社に勤めるサラリーマン探偵の場合は、安月給で会社にもよるが付きの基本給8~30万円ぐらいだという。

独立したオーナー探偵の場合は貧乏な人もいれば、年に数千万円も稼ぐ人もいるというような状況らしい。

オーナー探偵の収入は月によってまちまちで、ある40代の探偵の場合は10万円以下の稼ぎの時もあれば、200万円以上稼ぐ時もあるという。

仕事が仕事だけに、法律的にグレーゾーンなところに足を踏み込まないといけないし、危険なこともある。

金が目的というよりも、探偵にやりがいとロマンを感じていないとやっていけない職種のようだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ