振付師の年収は、一流だと●●●●万円、底辺だと●●●万円・・・

ダンサーや歌手の振付を行うのが振付師の仕事だ。

また、音楽の現場だけではなく、CMなどでのダンスの振り付けも行う。

有名な振付師としては、ラッキー池田、KABA.ちゃん、南流石、パパイヤ鈴木などがいる。

意外なところでは、おヒョイさんこと藤村俊二も元振付師。

藤村俊二はレナウン「イエイエ」のCMのダンスや、ドリフターズの『8時だヨ!全員集合』のオープニングのダンスなどを振りつけているそうだ。

この振付師という仕事だが、最初っから振付師という人は基本的にいない。

ダンサーからキャリアをスタートさせるというのが一般的だ。

その上でダンサーを引退してから振付師に転身する人もいれば、ダンサーと並行して振付師の仕事を行う人もいる。

振付師の収入は、CM、テレビ、映画、演劇、コンサートなどでのレッスン料、アイドルやタレントへのダンスレッスン料などがある。

変わったところでは、地方の新しい盆踊りの振り付けなどという仕事もある。

肝心の収入だが、一流どころは年に数千万円も稼ぐものの、底辺だと100万円程度と、格差はかなり大きい。

実力次第でドカンと儲けられるが、それゆえに能力がないと稼げないなかなか厳しい世界と言えそうだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ