激務な上に安月給??JTBの平均年収は約●●●万円!

安月給な上、激務が当たり前と噂されている旅行代理店。

業界トップクラスのJTBの場合、平均年収は550万円(31歳)と上場企業の中でも高いクラスに入る。

とはいえ、大手の総合商社や広告代理店と比較すると低めである。

しかしJTBは旅行代理店の大手である。

他の会社を見ていると、それよりももっと安いのが実情だ。

例えば、業界大手の近畿ツーリストなら平均年収412万円(38歳)とJTBに比べて大幅に差が出ている。

しかも、このレベルが代理店業界では常識で、これ以下の企業も数多く存在する。

しかしながら、昔から旅行に安く行けるなどにメリットを感じ学生からの人気はあまり衰えていないようだ。

基本的にサービス残業、休日出勤が多く、給与は上がるものの、業務成績というよりは年齢とともに徐々に上がっていくので、新入社員の多くは数年以内にやめてしまうことが多いという。

しかし、冒頭でも述べたようにJTBに関しては業界内でも少し様子が違うようで、激務なのは他社と変わりないが人によってはメリットを感じる点も多い。

世界各国に支店があるので、現地スタッフとして海外生活ができたり、女性が非常に多い企業なので、キャリアアップを目指す女性には可能性のある環境だろう。

ただし、管理職になっても激務に変わりはないようなので、それなりの覚悟が必要かもしれない。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ