アップルジャパンは30歳で●●●万円!野村総合研究所の平均年収●●●●万円!!

ますます需要が高まっているコンピューター業界。

20111年10月にはアップル社のスティーブ・ジョブズ氏が亡くなったことが大きく取り上げられた。

そんなアップル社の日本法人でもあるApple Japan合同会社(2011年10月30日アップルジャパン株式会社が解散し同社と合併)の年収は販売、営業、開発など職種によって大きく開きがあり、30歳前後の営業で約600万円らしい。

一般的に見れば高給となるが、同社の場合「入社時の基本給は高いが中々昇給しない」という意見が多く、金銭面でのモチベーションはそれほど高くないのだとか。

IT関連の中で年収1,000万円を超える、企業といえば、野村総合研究所。

とにかく激務で有名だが、過去同社に在籍していた人の話では「査定制度が明確で給与に業績・評価がしっかりと反映される」という点で社員の仕事に対する意識は非常に高いらしい。

また、年齢による格差は少なく、男女差別もないらしい。

完全実力主義の世界と言っていいだろう。

社内では外国人が多く活躍しており英語力は必須項目の一つ。

非常に積極的に新卒・中途の採用は行っているが、かなり狭き門だということは理解できるだろう。

業界全体を見ても専門性の高い業種のため、転職を考えるのであれば、かなりの知識と技術が必要となってくるだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ