全日空の平均年収●●●万円!パイロットになれば●●●●万円超!!

航空業界のトップを走る全日本空輸(ANA)。

航空業界といえば、2010年、日本航空(JAL)の経営破たんが最大のニュースとなったが、同社の場合は前年と比べて約60万円の減収となっており、平均約728万円は高水準である。

ただし、1,000万円を超えるとなると、役職などに就かなければ難しいといわれている。

同社のキャビンアテンダントの平均年収は32歳で約440万円、パイロットの平均年収は42歳で約2,000万円と子どもの夢でもあるパイロットはさすがに高収入が期待できる職業なのだ。

また、機長と副操縦士では年収に500万円以上の開きがあり、機長クラスになると業界だけではなく全職業の中でもトップクラスの高所得者となる。

言うまでもなく、数々の難関試験をパスしてのこととなるのだが・・・・・

忙しさという点ではどこも同じだが、他の企業と比べれば社内での自由度は高いようで、空輸先では同じシフト同士のスタッフでテニスやドライブを楽しんだりすることもあり、そのため美人揃いのキャビンアテンダントとの恋愛も盛んだ。

そして、福利厚生のメリットとして非常に大きいのが国内外の航空券がほぼ無料になる点だろう。

旅行、規制など長距離移動をする際、簡単にチケットを取ることができ、しかもお金がかからない。

このメリットを求めて航空会社を志望する人も少なくはないようだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ