残業が多く寿命は35歳まで?システムエンジニア(SE)の平均年収●●●万円

システムエンジニア(SE)とは情報システムの計上、構築、運用などを行い、企業情報システムの開発に携わる職業。

似たような職種でプログラマーがあるが、これはシステムの構築のみを行う仕事なので少し内容が変わってくる。

数年で見てもあまり平均年収は上下することなく、550万円前後を行き来する状態だ。

ただし実力主義な職業で、就職先の企業によって大きな差が出てくるのも事実。

就職先としては、コンピューターのメーカーや販売会社、情報処理サービスの会社を筆頭に航空会社など様々な職業から求められている。

高級な人なら1,000万円近く稼ぐ人もいるが、一般会社員と同じで400万円に満たない人もいる。

ただ、高級な人のほとんどは、残業代がかなりの割合を締めているので、基本給は低めなのが実際のところ。

先方への納品が決まっているため、徹夜になることがほとんどで、労働時間はかなり長い。

そのため、SEは寿命が35歳までと言われ、40代でもバリバリ仕事をこなすという人は少ない。

SEには特別な資格は必要なく、企業間の民間競争に委ねられている。

ただし、スキルアップ思考が強く、社内での地位を高く求めるには各種資格が多数存在するので、自発的に勉強する人が多いというのも特徴と言えるだろう。

かなり専門性の高い知識が必要とされ、人材不足気味な職業にもかかわらず収入はイマイチという印象が強い。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ