トップジョッキーなら数億円・・・無名騎手でも年収●●●●万円

G1などの大きな舞台で活躍すれば注目を集める反面、落馬などの事故多く、騎手という職業も常に危険と隣り合わせだ。

日本の競馬には中央競馬と地方競馬とがあり、騎手の収入や待遇も大きく差があるのが現状だ。

中央競馬は、農林水産業が監督する日本中央競馬会(JRA)に、地方競馬は各地方自治体によって主催されている。

騎手の働き方としては厩舎所属とフリーの2種類がある。

厩舎所属の場合は厩舎から毎月給料が支払われることになる。

フリーの場合はレースでの賞金のうち5%が入り、その他に騎乗手当や騎手奨励手当、競走馬に調教を付けた時の調教手当なども収入になる。

中央競馬の騎手の平均年収は約1,000万円で、武豊などのトップジョッキーであれば数億円に及ぶ。

また、騎手手当や調教手当が高額なため、あまり活躍していない騎手でも十分な収入を得ることができる。

地方競馬ではトップクラスでも500~600万円で、生計が立てられずに廃業するものも珍しくないという。

中央競馬の騎手になるためには競馬学校で、地方競馬の騎手になるには地方競馬教養センターの騎手課程で教育を受け、それぞれ騎手免許試験に合格する必要があるが、かなり狭き門となっている。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ