C級選手のファイトマネー●万円・・・世界チャンピオンで●●●●万円

昔から憧れる若者が多いボクシングの世界。

プロボクサーになるためには、まずプロテストを受けるためにジムに所属することが必要だ。

練習を重ね、プロテストに合格してライセンスを取得すれば、晴れてプロボクサーになることができる。

ただし、プロになったとしても、その収入はかなり厳しいものだ。

ボクサーの収入となるのはファイトマネーだが、C級選手で約6万円、B級選手で約10万円、A級選手で約15万円という金額。

さらに、その約1/3は所属ジムに入るので、ボクサーが得られる額は微々たるものになってしまう。

日本チャンピオンになってもボクシングだけでは生活できないため、アルバイトをしていることも珍しくないのだ。

世界チャンピオンレベルになって、ようやく1,000万円~3,000万円といった額になるが、それでも人気によって大きな差が付くことになる。

辰吉丈一郎のような人気ボクサーであれば、世界戦のファイトマネーは1~2億円になることもある。

亀田三兄弟などはデビュー前から注目されており、テレビ出演などで年収は億単位だったと推定されるが、これらはあくまで例外だ。

なお、世界チャンピオンになるためには、協栄ジムや帝拳ジムなどの有名なジムに所属することが不可欠だ。

弱小ジムでは、人脈や資金力が足りず、世界戦を開催できないからだ。

一方海外では、マイク・タイソンなどの人気ボクサーになれば、10億円以上のファイトマネーも珍しくなく、スケールの大きさを感じさせる。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ